アニー オーディションに挑戦(1)




アニーの舞台に立つ事は正直言ってかなりの難関です。
役者のタマゴを発掘する場所では無くて、ほぼ出来上がった子が挑戦し、その中からさらに選ばれた28人だけが舞台に立てるのです。
でも、その事を理解してオーディションに向けて頑張れば無理な事ではありません。
★9月にオーディションの募集が始まります★

6才から15才までの女の子。
8才から15才までのタップが出来る男の子。
事務所からなどの団体応募と個人応募がありますが、過去の舞台出演経歴やダンスレッスン歴を見るのであまり関係は無いようです。
無所属で書類通過、そして28人に選ばれた子達もいます。

10月の後半には書類審査の結果が送られてきます。
タップダンス歴を記入するとタップ審査もありますが、タップキッズ候補だけの為ではありません。
タップキッズも高いレベルが求められており、最低でも3年以上のレッスン歴が必要とされています。
毎年、約9000人がオーディションに応募しています。

アニー2012のオーディションで言えば、書類審査通過出来たのは548人でした。
約8500人がここで落とされてしまいます。

次へ↗