アニーの過ごした時代 1 (アニー)

アニーは1933年のミューヨークが舞台となっている。
その頃は今でも想像出来ない位にお金持ちと貧乏な人の差が激しい時代。
1920年代にもたらされた繁栄は非常に不安定な基礎の上に立っていた。
関税の保護の元で富を築いた大富豪たちは宮殿のような家を建て、世界中から
美術品などを集めて、盛大な舞踏会や晩さん会をしていた。
今で言う…セレブだね🎵!
しかし、1929年10月、ニューヨークの株式市場が大暴落したのをきっかけに
酷い不景気が突然やってきた。
株で富を得てい多くのお金持ちが財産の全てを失ってしまったのです。
それにより、会社はつぶれ、銀行もつぶれ、工場、商店もなくなり、
数百万人の労働者が仕事を失って路上生活などをしなければならなくなりました。
3年後の1932年には1300万人もの労働者が失業してしまいました。
22.jpgアメリカの国力、工場生産高も落ち込み、人々は不安と絶望感に襲われ
人の心も街も荒れて行きました。
当時の政治にも人々は不信感や不満が溢れていた。
2、3年前まで金持ちで一瞬にして貧乏になってしまった(元)金持ちたちが
汚れてしまった高級な服を着たまま街中でリンゴ売りなどをして生き延びていた。
アニーの過ごした時代2 へ